新規会員募集中!!

ご登録はこちら

会員の方

企業情報

  • HOME  
  •   【参加募集中】「バッド・ニュースを伝えるナラティブ・コミュニケーション」ワークショップ開催

2018/05/15

【参加募集中】「バッド・ニュースを伝えるナラティブ・コミュニケーション」ワークショップ開催

NBMを学ぶ「バッド・ニュースを伝えるナラティブ・コミュニケーション」ワークショップ

【開催日時】 2018年6月26日(火)19:30~21:00 (受付:開始19:00~最終19:30)
【開催場所】 御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター1F Room-D (御茶ノ水駅から徒歩5分) アクセスマップ
【対象・定員】医師の方、24名
【参加費】3,000円 ※プラメド医師会員の方は無料です。

【対象となる方】

  • ネガティブメッセージの伝え方について学びたい方
  • NBM(Narrative Based Medicine)に関心のある方

など、テーマに関心のある方どなたでもご参加いただけます。

杉原先生より

バッドニュースもいろいろあります。病名告知だけでなく私たちが日頃から、患者さんの希望を叶えられない場合は少なくありません。
・検査結果がよくなかった
・インフルエンザの検査をしても意味がない
・ウイルス感染症なので抗生剤は不要だ
などなど、患者さんの期待に応えられないシーンは、どれも広い意味では患者さんにとってはバッドニュースとも捉えられます。
上手にnoを伝える手段として、あるいはその意味づけを変えていくヒントを持ち寄る時間にしたいと思います。

講師ご紹介

杉原桂先生
杉原桂(すぎはらかつら)先生
ユアクリニックお茶の水 院長、医学博士

1998年、昭和大学医学部を卒業後、昭和大学病院の医局に入局、小児科、未熟児センター、新生児未熟児科に勤務。その後離島医療など経験を積んだ後、2005年に多摩ガーデンクリニック小児科院長に就任。10年務めた後、自身が目指す「医療の世界に新しいメッセージを掲げて行こう」という夢を実現するため2015年ユアクリニックお茶の水を開院、今に至る。
病ではなく人を診ることを大切にし、対話を重視した診療で多くの患者から信頼を得ている。また、ここに至るまで、医療現場で様々な患者と関わる中でコミュニケーションの大切さを痛感。
2007年より医療者向けのコミュニケーション勉強会を定期的に開催し、一般向けワークショップや研修や講演会でも多数講師として登壇。さらに母校である昭和大学や慈恵医科大学、青山学院大学など複数の大学にヒューマンスキル授業を提供。理論だけでなく実践的、と学生から非常に高い評価を得ている。
2017年2月にその授業の内容をまとめた書籍「コミュニケーション実践トレーニング」を発売。

お申込み方法

以下、申込みフォームよりお申込みください。
【申込みフォーム】

お申込みいただいてから翌営業日内に、弊社より「受付完了メール」をお送りさせていただきます。
お申込み後、数日たっても「受付完了メール」が届かない場合には、お問い合わせください。

個人情報の取り扱いについて

ご登録いただいた個人情報は、株式会社プラメドが取得・管理し、本勉強会におけるご案内および受付でのご本人様確認のために利用させていただき、勉強会終了後に破棄いたします。

お問い合わせ

株式会社プラメド
ホームページ: https://pointclub.plamed.com/
メールアドレス: study@plamed.com
フリーダイヤル: 0120-385-790 ※土日祝日を除く平日10時から18時

TOPへ

MENU

会員の方はこちら