新規会員募集中!!

ご登録はこちら

会員の方

企業情報

  • HOME  
  •   【終了しました】シンポジウム『若手医療者の発展のために』~IT×患者安全×転職~(プラメド共催)

2018/03/02

【終了しました】シンポジウム『若手医療者の発展のために』~IT×患者安全×転職~(プラメド共催)

本シンポジウムは終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
——————————————————-
株式会社プラメドは、3月24日(土)に開催される医療者のためのシンポジウム『若手医療者の発展のために~IT×患者安全×転職~』を共催します。
異なるバックグラウンドを持つ3名のシンポジストが、人生100年時代における「これからの医療環境の変化と医師のキャリア形成」について語ります。また、ワークショップ形式で参加者同士でも語り合い、参加者全員で医療者の発展について考えるシンポジウムです。

概要

日時:2018年3月24日(土)14時~17時
会場:東京都千代田区丸の内1-9-2 (株)リクルートキャリア内
主催:(株)リクルートキャリア
共催:全日本患者安全組織文化学習支援財団、(株)プラメド
参加費:無料

シンポジスト・ワークショップファシリテーター

田澤雄基 (慶應医学部 精神・神経科 / MIZENクリニック豊洲)
慶應義塾大学医学部卒。学生時代に医療ITベンチャーを起業し、後に売却。東京歯科大学付属市川病院、慶應大学病院に勤務。
大学院生として慶應義塾大学医学部 精神・神経科に所属すると共に2016年に夜間診療に特化したMIZENクリニックを豊洲で開業。慶應医学部ではAIを活用した診断研究を行うとともに、産学連携を担当し、健康医療ベンチャー大賞の実行委員長を務める。

松本尚浩 (医療法人尚誠会笑顔のおうちクリニック松戸)
1987年 産業医科大学麻酔科学教室で研修以来、主に手術室での麻酔に携わり、心肺蘇生術教育への関わりから患者安全を探究。患者安全を支援する組織を創るために2014年から在宅診療のクリニックに勤務しながら、2015年、全日本患者安全組織文化学習支援財団代表理事を務める。

増間大樹 (㈱リクルートキャリア・マネジャー)
大学院卒業後、リクルートキャリア(当時:リクルートエージェント)に入社。法人営業、営業・事務領域のキャリアアドバイザーを経て、医薬業界のハイキャリアを専門とする組織に立ち上げから参加。7年間従事する。現在は、医療・ヘルスケア・ライフサイエンス領域のキャリアアドバイザーをまとめるマネジャーを務める。

プログラム

14:00-14:30 シンポジストによるショートプレゼン
「常識外れかもしれないお話」 松本尚浩
「ポストAI時代の医療者の役割」田澤雄基
「人生100年時代のキャリアパス(仮題)」増間大樹

14:35-14:45 共催会社より(株式会社プラメド)
「医療現場の声を明日の医療に」

14:45-15:00 シンポジストによるディスカッション

15:05-15:50 ワークショップ1※課題は各テーマごとに当日発表!
個人ワーク(10分間)
グループ共有(15分間)
全体共有とシンポジストコメント(20分間)

15:55-16:40 ワークショップ2※課題は各テーマごとに当日発表!
個人ワーク(10分間)
グループ共有(15分間)
全体共有とシンポジストコメント(20分間)

16:40-17:00 フリートークタイム

お申込み方法

お申込みはこちらから
※全日本患者安全組織文化学習支援財団のホームページからのお申込みとなります。

・当日の運営のため、事前のお申込みが必須となります。
 ※事前に申し込みがない場合には、当日ご参加いただけない場合がございますので、ご注意ください。
・スケジュールは時間や内容が予告なく変更する場合がございます。

個人情報取り扱いについて

・お申込み時にご登録いただく個人情報は、全日本患者安全組織文化学習支援財団が管理し、受付対応など、本シンポジウムの運営のため、主催者である株式会社リクルートキャリアに提供されます。
・本シンポジウムにおいては、リクルートキャリア株式会社、各講演者、ならびに協賛の株式会社プラメドにおいて、個人が特定されない範囲で、シンポジウムの模様を写真撮影をさせていただき、イベント報告等を目的にホームページやSNS等で使用させていただく場合がございます。

TOPへ

MENU

会員の方はこちら